2024年1月26日

自殺対策に関する関係省庁会議に出席

 
 
1月22日、自殺対策に関する関係省庁会議に出席しました。
令和4年の児童生徒の自殺者数が514人と、過去最多となったことは、こどもまんなか社会の実現を目指すこども家庭庁としても大変重く受け止めています。こどもが自ら命を絶つようなことのない社会を作らなければなりません。こども家庭庁が司令塔となって昨年6月に取りまとめた「こどもの自殺対策緊急強化プラン」に基づく関係省庁(厚労省・文科省)の取組の進捗を報告いただきました。令和6年度予算案等については、こども家庭庁を含む各関係省庁においてしっかりと対応いただき、かなりの拡充をいただきました。
 
 
また、こども家庭庁においては、今年度より既存予算を活用し先行して実施しております、「こどもの自殺に関する情報の集約・分析に係る調査研究」について、改めて新規の予算を計上するとともに、自殺対策室の定員を3名増員し、体制強化を図ることとしています。こどもが自ら命を絶つようなことのない社会の実現に向けて、改めて関係省庁の皆様と認識を共有し、引き続き、ワンチームとなってこどもの自殺対策に向けた取組をしっかりと進めてまいりたいと考えております。