2016年11月30日

YOSHIKIさんがスピーカー、さらなるクールジャパン戦略に向けて!

自民党本部にて。
音楽プロデューサーのYOSHIKIさん(X JAPAN)が、
クールジャパン戦略推進委員会に、スピーカーとして
お越しくださいました。

 

皆さんご存じのYOSHIKIさんは、
国内で「ビジュアル系」というジャンルを
確立した立役者でもあり、今はLAに暮らしながら
アジアでも熱狂的な人気を博している、
まさにクールジャパン・アーティストです。

 

会議室に集まった報道陣の数を見ておどろいた私は、
「もしかして、党のイメージアップのために
 自民党がYOSHIKIさんの人気を利用している??」
と、うがった見方をしてしまったのですが、、
ご本人のお話を聞いて、それはYOSHIKIさんに大変
失礼な発想だったと、深く反省しました。

 

クールジャパン戦略を進める上でのお考えや
ご本人のアーティストとしての海外戦略、
クールジャパン推進にまつわる与党への要望などは
とても示唆深いものがありました。

 

特に、グサリときたのが、
「文化や芸術への投資は、回収期間が30年や100年以上先まで続くことがある。CJ戦略とうたってアーティストを支援する政府のスタンスとして、回収タームはどのくらいを想定し、そもそも何をもって『回収』というのか?」
とのご指摘。

 

「戦略」というからには、この点を明確に
提示していくことは要諦ですね。
他にもたくさんイイお話をうかがいました。全部ご紹介できなくて残念です。
YOSHIKIさん、ありがとうございました!