想いと政策

政治信念:地域に根ざした保守 「地域に根ざした保守」。それは、一人ひとりの故郷(ふるさと)への思いを大切にすること。
このぶれない政治理念を貫き、地方から物心ともに豊かな日本をつくっていくことを誓います。

「地域に根ざした保守」。
それは、一人ひとりの故郷(ふるさと)への想いを大切にすること。
このぶれない政治理念を貫き、地方から物心ともに豊かな日本をつくっていくことを誓います。

3つの想い

1, 子どもを産み育てやすい社会をつくります

働くお母さんたちの言葉です。
「私は飲食店で働いています。同じ市民なのに、土日休みのお母さんたちと比べ保育料の負担が大きくなります。子どもをおぶって厨房に立つこともあります」「夫の収入だけでは足りず、共働きです。フルタイムで働いても、お給料から保育料を差し引くと月3万円程しか残りません」
このお母さんたちに、2人目、3人目の赤ちゃんを生む選択肢は身近でしょうか。
頑張って働くお母さんが報われる。働きながらも、「もう一人」と思える社会をつくります。

2, お年寄りが安心して暮らせる社会をつくります

最上の山あいの集落を歩いて回ったときのことです。
介護が必要になっても、一人で暮らすお年寄り。
「息子は仙台。顔を見るのはお盆だけ。冬は雪が多いからと言って戻らない」
商店まで車で20分。食材の買い出しもままなりません。

街中に住む、60代の女性。
持病を抱えつつ寝たきりの義父の介護に追われる日々。
「経済的にも精神的にも、今から介護サービスに頼るのは気が引ける。混んでいて空きもない。不安だけど、まだ大丈夫」と、腰をさすって話します。
今後ますます深刻化する高齢化。介護される側もする側も、安心して暮らせる社会をつくります。

3, 若者が夢と希望をもてる社会をつくります

大学生との交流会で聴こえた声。
「卒業後は故郷に帰りたいが、仕事がないので東京に就職するしかない」「ベンチャー企業を立ち上げて、地元に新しい風を吹かせたい。でも、出る杭は打たれると大人は言うし、身近にお手本になる人もいないので、どうしたら良いか分からない」
学生や若者は、地域の未来そのもの。若者が夢と希望を持ち、故郷に住みつづけることができる。そんな社会をつくります。