2019年8月25日

酒田市長選挙がスタートしました。

本日より、酒田市長選挙がスタートしました。
丸山いたる候補の第一声が、酒田市内に響きました。

私は現職・丸山いたる市長を応援しています。

理由は
・1期目の4年間ですでに多くの実績をあげている
・海外との交流・文化の発信、産業振興を効果的に行っている
・出産・子育て支援に力を入れている
・財政面でも健全な市政運営を行っている
・医療や介護の環境強化にも傾注している
・温厚・誠実な人柄で信頼ができるリーダーである
・新しいことにもチャレンジする柔軟な市長である
・いつも笑顔でとにかく前向き!行動力もすごい。

などなど、、
挙げたらキリがないため、
ここに書き尽くすことができません。

丸山市長と会話をしていると、
「酒田市民のためには・・」
「酒田市の利益を考えれば・・」
と、いつもご自身のことは脇において
常に酒田市民や酒田市のことを中心に据えて
ものごとを考え、話し、行動をされているのが
イヤというほど伝わってきます。

それだけに、ネガティブキャンペーンは苦手で
やられっぱなし…
というわけで、以下を強調させていただきます。

☆酒田市の財政は悪化していません!
☆地域コミュニティも大切にする市長です!
☆相手がどんな有力者であっても
 酒田市にとって良いことは良い、悪いことは悪い、
 と自身の意見をハッキリとおっしゃる方です。

ぜひとも、現職・丸山市長に、
引きつづき酒田市政のかじ取りを担っていただきたく
皆さまのご支援をよろしくお願いいたします!

…この大接戦のさなか、今日まで私も
微力ながら一軒一軒に足を運び、
一人ひとりに電話をかけて応援の呼びかけを
行ってまいりました。

しかし、

このタイミングで、本当に忸怩たる思いですが
実は今夜から3日間、北京に出向きます。
今回は、王毅外相とのアポイントをいただき
野田聖子先生や仲間の女性議員団との訪問です。

セッティングした本人でありながら、
酒田の一大事に、一時は日本に残ることも考えました。
しかし、当の丸山市長ご本人から
「酒田港から地元の米の輸出を実現させるためにも
 ぜひ行ってきて下さい」
と背中を押されました。
ので、後ろ髪をひかれながらも、行ってまいります。

こんなピンチでも、自分のことより、
酒田の将来のことを第一に考えている丸山市長。
私も、酒田のため、日本のために
しっかりと日中友好につとめてまいりますので
丸山市長も、応援団の皆さんも、のこり1週間、
全力で頑張って下さい!
いえ、頑張りましょう!!

行ってきます!!